​STORY

yumemiduki.jpg

旧暦では桜の月とされていた三月

都内のとある劇場では、

今日もひとつの演劇が

数時間後に訪れる幕開けを前に、

場内に集う演出家・出演者・スタッフ達。

公演初日を迎えようとしていた。

誰もが期待高揚感を持ってそこに立つはずの中、

彼らのもとに音も立てずに舞い落ちてきたのは

花吹雪ではなく

一瞬のは立つものを包み込み、

そこに浮かび上がってくるのは隠していた本当の自分。

ひしめきあう十人十色の感情が衝突した先に、

果たして明かりは灯るのか―

想定外のトラブルだった。